トピックス

 

奈良ニューロモジュレーションセミナーのご案内

奈良ニューロモジュレーションセミナーについて 

パーキンソン病、ジストニア、振戦などの神経難病、脳や脊髄神経損 傷後の神経障害性疼痛や痙縮等の治療は、永らく難渋をきわめてき ましたが、近年、脳刺激療法や移植などの新たな医療技術が応用さ れて、著しい発展をとげています。具体的には「脳深部刺激療法」、 「運動野刺激療法」、「脊髄電気刺激療法」あるいは「バクロフェン髄注 療法」等により、著名な臨床効果をあげられるようになりました。 当センターも、奈良県における神経難病治療の拠点施設として、これ らの疾患の治療に積極的に取り組んでいるところです。 このたび、脳深部刺激療法の最前線と題しまして、海外より3名の先生方 をお招きし、第2 回奈良ニューロモジュレーションセミナーを開催する こととなりました。この機会に医師のみならず当該医療に携わる様々な 職種の方々と共にニューロモジュレーション治療について理解を深め、 意見交換も行いたく存じます。 ご多用中誠に恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、ご出席 賜りますようよろしくお願い申し上げます。

[開催案内]

主催 : 独立行政法人国立病院機構奈良医療センター
日時 : 平成2 6 年1 1月2 1 日( 金) 1 8 : 3 0 ~ 2 0 : 3 0
会場 : 奈良県文化会館集会室A ・B
〒630-8213 奈良県奈良市登大路町6-2
Tel: 0742-23-8921
近鉄奈良駅から東改札口より、1 番出口を出て東へ徒歩約5 分
参加費 : 5 0 0 円( 当日、受付にて徴収いたします)
申し込み先・
お問い合わせ先
: 大変お手数ですが、別紙によりFAX にてお申し込み下さい。    
奈良ニューロモジュレーション事務局担当 吉川    
E-mail: yoshika@hosp.go.jp    
FAX: 0742-48-3512
TEL: 0742-45-4591

●ポスター

●開催案内

●参加申込書

日本医師会生涯教育制度奈良県医師会認定講座における単位数については、以下のとおりです。

●日本医師会生涯教育制度奈良県医師会認定講座
 第2回奈良ニューロモジュレーションセミナー

講演時間 内 容 講 師 単位 CC
講演 18:30~19:30 New targets for DBS in Parkinson's disease UCL(イギリス)
教授 Marwan Hariz
0.5 (62)
講演 19:00~19:30 New targets for DBS in psychiatric disease ウオメ大学(スウェーデン)
教授 Patric Blomstedt
0.5 (84)
講演 19:30~20:00 Adovances in DBS for dystonia モンペリエ大学(フランス)
教授 Laura Cif
0.5 (19)


奈良にある国立病院機構病院です