私たちは患者さまに満足していただける看護を目指しています。

教育支援制度について

「新人看護職員研修ガイドライン」および「国立病院機構看護職員能力開発プログラム (ACTyナース)」に沿った教育体制を整備しています。
専任の教育担当看護師長を配属し、各部署の教育担当者と連携し、集合研修の実施や臨床現場での看護実践指導・支援を行っています。また、プリセプターシップ、パートナーシップを導入して後輩の支援を行っています。

        

教育担当看護師長からのメッセージ

奈良医療センター看護部は、私たちの看護に患者さまが満足していただけるよう、患者さまの人権を尊重した看護、患者さまに安心していただける正確な知識・技術に基づく看護、医療ニーズに適した看護の提供を目指しています。看護師一人一人が奈良医療センターの看護と奈良医療センターの看護師であることに誇りをもち、患者さまに満足していただける看護が提供できる看護師への成長を支援し、自身も共に成長していきたいと願っています。
~ 新人看護師のあかし「ピンクの名札」 ~
教育担当看護師長からのメッセージ奈良医療センターでは、新人看護師は1年間ピンクの名札を付けています。ピンクの名札を付けていることで配属病棟以外の先輩看護師や他部門の病院職員にも新人看護師であることをわかってもらい、 病院全体で新人看護師の支援ができるようにしています。また、患者さまやそのご家族からもあたたかく見守っていただいています。ピンクの名札は新人看護師には「かわいい」と好評であり、1年後には普通の名札をつけられたことに喜びと達成感、そして新たな責任も感じているようです。




ACTyナース

国立病院機構の理念に沿った看護を実践できる看護師を「ACTyナース」と称し、高い倫理観 に基づいて、理論と技術を持って、実践し、看護を創造する看護師を、ACTyナースという。

ACTyナース         

ページトップへ