看護課・・・私たちは患者さまに満足していただける看護を目指しています。

教育目的

考えながら、感じながら、適切な看護判断ができ、
安全で正確な看護技術が提供できる看護職員を育成する

教育目標

1.奈良医療センターの患者の特製を理解した
  安全で正確な看護技術が実践できる
2.観察力、アセスメント力を高め、患者の個別性に応じた
  適切な看護判断ができる
3.専門職業人としての倫理観にもとづいた看護が実践できる

研修内容

対象
区分
めざす看護師像
研修内容
組織人として
看護職者として
看護実践者として(役割)
政策医療4分野の実践者として 
(知識・技術)
政策医療研修
新人
(概ね卒後1年目)
  • ・国立病院機構、奈良医療センター、看護課等理念、方針が理解でき、行動に移せる
  • ・定められた規則、ルールを守り、組織の一員としての行動ができる
  • ・関係法規を守り、業務実践できる
  • ・看護職者としての責任を自覚し、行動できる
  • ・看護実践者に必要な倫理観をもって患者に誠実に対応できる
  • ・基礎的知識・技術を活用し、先輩看護師の指導を受けて看護が実践できる
  • ・奈良医療センターの政策医療4分野の特徴が理解できる
  • ・担当する分野の疾患の概要(病態、検査、治療、看護等)がわかる
  • ・担当する分野の看護実践に必要な基礎的看護技術・援助方法が理解できる
  • ・看護技術研修
  • ・フィジカルアセスメント研修
  • ・看護過程展開研修
  • ・救命救急研修
  • ・安全管理研修
  • ・リフレッシュ研修
  • ・他部署ローテーション研修
  • ・看護倫理研修
  • 神経・筋
  • ・病態・検査・薬物療法と看護
  • ・変形・拘縮のある方の移動・移送・ポジショニング
  • ・摂食嚥下機能障害のある患者の食事援助
  • 重症心身障がい児(者
  • ・変形・拘縮のある方の移動・移送・ポジショニング
  • ・摂食嚥下機能評価、摂食嚥下訓練
  • ・排泄介助  
  • 結核
  • ・病態・検査・薬物療法と看護
  • ・呼吸器のフィジカルアセスメント、呼吸介助法
  • ・地域連携と看護  
  • がん
  • ・がん看護ステップⅠ ・ターミナルケア  
実務Ⅰ前期
(概ね卒後2年目)
  • ・病院の目標数を理解し、目標達成のために自己の役割を認識し行動できる
  • ・看護職者として常に向上心をもって自己研鑽できる
  • ・自己の経験・体験を活かして後輩への支援ができる
  • ・習得した知識・技術を有効に活用し、個別的な看護が実践できる
  • ・担当する分野の看護実践に必要な基礎的看護技術・援助方法を習得し、実践できる
  • ・ケーススタディ研修
  • ・看護過程展開研修
  • ・他部署ローテーション研修
  • ・プリセプター導入研修
  • ・フィジカルアセスメント研修
実務Ⅰ後期
(概ね卒後3年目)
・病院の運営状況を理解し、組織の一員として自己の役割を果たすことができる
  • ・医療チームの一員並びに看護実践モデルとして、看護職者の果たす役割を実行できる
  • ・日々のリーダーの役割を通して、リーダーシップ・メンバーシップが発揮できる
  • ・プリセプターとして後輩育成のための支援ができる
  • ・担当する分野に必要な専門的看護技術・援助が実践できる
  • ・専門的技術の創意工夫を言語化できる
  • ・プリセプター研修Ⅰ・Ⅱ
  • ・1年目研修の企画・実施
  • ・リーダーシップ研修 看護研究
実務Ⅱ
(概ね卒後4,5年目)
  • ・所属する部署・部門の目標達成をめざし、組織を活性化して成果につなげる具体的行動ができる
  • ・看護職者として自己のめざす方向性を定め、主体的行動ができる
  • ・集合研修やOJTの企画・運営・評価を通して後輩指導ができる
  • ・看護の質向上をめざした改善・改革ができる
  • ・チームリーダーとしてチーム活動が効果的・効率的に実践できる
  • ・患者に応じた、より熟練した専門的な看護技術・援助が実践でき、集合研修やOJTでの後輩指導ができる
  • ・業務改善の取り組み
  • ・1年目研修の企画・実施
  • ・他部署ローテーション研修の計画・指導
卒後6年目以上 ・自分が決定したキャリアアップ達成のために、研修会参加や学会発表等、主体的に専門性を高めていくことができる    

ページトップへ

奈良にある国立病院機構病院です