部門紹介・・・看護課、薬剤科、研究検査科、放射線科、栄養管理室、療育指導室などをご紹介します

放射線科

安心安全の医療

放射線を利用することによって得られる診断および治療のメリットが被ばくによるデメリットを上回ること、並びに患者さんの被ばくを出来る限り低減することを念頭に置いています。
また、医師・看護師や他の部門と協力して医療事故防止の対策や安全確認を行い、安心して安全な検査を受けて頂くよう安全管理に努めています。



当院の医療用放射線装置

○X線撮影装置

X線で胸部・腹部・骨などの目的部位を撮影して、体内の様子を調べる検査です。 簡便性と経済性から今でも多くの一般的なX線撮影が行われています。

○乳房撮影装置

乳腺は骨や肺と違って普通のX線撮影装置では写りません。 乳房専用の撮影装置を用いてマンモグラフィ検診を行っています。

○骨塩定量検査

超音波を用いて、骨密度(骨量)の測定をします。 骨粗しょう症のリスクや骨年齢を調べることができます。

○X線透視撮影装置

X線を使って体を透視しながら行う検査で、胃腸など主に消化器系の病気の発見や診断のために行います。

○多目的X線透視撮影装置

カテーテルと呼ばれる細い管を挿入して、目的とする脳血管を撮影する脳血管造影検査や気管支鏡または嚥下検査など特殊な検査を行います。

○X線CT装置(X管球64列・4列)

X線を用いて360°方向から撮影し、コンピューター処理して体の輪切りの写真を得ること で体の内部を精密に調べる検査です。 薄いスライスで短時間に広範囲の撮影が可能となり、低被ばくで高画質を実現しています。また、造影剤を使用して脳血管・胸腹部大動脈・四肢の血管または心臓の検査などが行えます。

○MRI装置(磁場強度1.5T)

強力な磁場の中に検査部位を中心に入れ、ラジオ波(電波)を体に当てることによって体内の状態を様々な角度の断面像で抽出する検査です。CT検査では、抽出できない超急性期の脳梗塞の診断には有効な検査です。


放射線の被ばくに関することや検査に関する不明な点や疑問等がありましたら気軽に放射線科スタッフにご相談下さい。



当院の主なX線検査

<TV検査・処置例>

放射線科・胃透視検査
・PEG交換
・透視下EDチューブ交換
・透視下CVカテーテル交換など
(検査紹介:胃透視検査)
胃を膨らませるための発泡剤とX線で白く写るバリウムを飲んでいただき、様々な方向に体を動かして検査を行います。

放射線科



<多目的透視検査・処置例>

放射線科 ・血管造影
・気管支鏡検査
・嚥下造影
・神経根ブロック
・トロッカー挿入など
(検査紹介:血管造影)
血管内にカテーテル(細い管)を挿入し観察する検査です。
観察したい部位までカテーテルを進めていき、そこから造影剤(X線で黒く写る薬剤)を流すことで、血液の走行が観察できます。
細くなった血管にステント(血管を拡張させるもの)を留置することで、血管を拡張させ血流を良くすることができます。
放射線科



当院の主なCT検査

放射線科
(電気刺激や薬物の持続注入により神経の働きを変える治療に伴う検査) 放射線科



当院の主なMRI 検査

(頭部)当院では頭部全般へのMR 画像診断が可能であり血管の病気や、近年高齢化社会が進む中特に認知症の診断を支援するVSRAD や、震戦を伴う病気の治療に対応した検査を行っています。
放射線科
(腰)
放射線科
(その他)
消化器
放射線科
全身の血管
放射線科
骨盤 ※婦人科は検査後、画像の読影と共に他院紹介となります。
放射線科