診療科案内・・・がん、神経筋疾患、重症心身障害、呼吸器など質の高い診療機能を備えた診療科

診療科一覧へ

小児科

小児神経科では、小児の神経の病気の診断・治療を行っています。
対象疾患は以下です。

①てんかん:
けいれんをする、意識がなくなる、突然力がぬける、等様々の症状を呈する病気です。小児神経疾患の中でもっとも頻度の高い疾患です。当院では、特にてんかんの診断・治療に力を入れております。詳細な問診・脳波検査・頭部MRI検査で、てんかん発作の種類を適切に見極め、治療を行っています。てんかん発作をより詳細に分析する必要がある場合、長時間ビデオ脳波モニタリング検査も行っています。通常は、抗てんかん薬による薬物療法を行いますが、難治性てんかんで外科的治療が必要な場合は、てんかん外科専門医(脳神経外科)と連携して診療も行います。

②発達の遅れ:
首のすわりが遅い、歩くのが遅い、ことばが遅い、等の相談も行っています。発達の遅れについては、原因疾患がないかについて、血液検査や頭部MRI検査を行います。理学療法・作業療法・言語療法等の訓練にもつなげています。

③脳性麻痺:
脳障害による四肢の麻痺のみられる疾患です。呼吸状態の評価・摂食嚥下状態の評価・てんかんの治療等、様々のトータルケアを行っています。当院では、短期入所事業・通所事業等も行っておりますので、利用をご希望の方は受診してください。

④筋疾患:
筋ジストロフィーをはじめとした疾患についても、病状に応じた治療の導入を行います。

⑤代謝性疾患等:
原因不明の進行性神経難病について診断を行います。当院で不可能な検査については、関係機関と連携をとりながら、診断・治療を進めます。

⑥頭痛:
小児にもよくみられる症状です。頭痛のタイプによる適切な治療・生活指導を行います。

⑦注意欠陥多動性障害・自閉症・チックなど:
集中力がない、すぐトラブルになる等、行動の異常についても相談を行っています。行動療法・薬物療法を取り入れながら、社会生活ができるだけ円滑に行えるようにサポートしています。

可能な検査

  • 血液検査(染色体検査等を含む)・髄液検査
  • CT
  • 頭部MRI・MRA・MRS
  • 脳波
  • 長時間ビデオ脳波検査
  • 大脳誘発電位検査(ABR・VEP等)
  • 神経伝導検査
  • 発達検査
診療科よりひとこと

小児神経科が専門とする疾患は、完治するものもありますが、病気と上手に付き合ってゆく必要のある疾患もたくさんあります。病気を持ちながらも、その患者様にとってよりよい毎日が送れるように、進歩する最先端の医療をできるだけ治療に折り混ぜること・一緒に治療を考えてゆくこと、を目指して日々努力をしております。該当疾患でお困りの場合、どうぞ小児神経科にご相談ください。(完全予約制にしております。)
診療は、小児神経専門医2名が担当しています。

医師紹介

澤井康子澤井康子 【専門分野】
  • 小児神経学
  • 児童精神医学
【所属学会・研究会等】
  • 日本小児科学会(専門医)
  • 日本小児神経学会(専門医)
  • 日本てんかん学会(専門医)
榊原 【専門分野】
  • 小児神経学
【所属学会・研究会等】
  • 日本小児科学会(専門医)

  • 日本小児神経学会(専門医)
  • 日本てんかん学会(専門医)
奈良にある国立病院機構病院です